コイ科の仲間たち

コイ(コイ科)


全長50cm〜 国内移入種 / 国外移入種
国際自然保護連合 ( I UCN )の外来侵入種100

コイ

今見られる個体の多くは「ヤマト」
といわれる体高が高い中国から移入
したものが由来であるとされていま
す。ヒゲは2対(4本)あります。
昔は食用に供するため大切に扱われ、
手賀沼でも稚魚を放流していました。


コイ

平成15年、霞ヶ浦でコイヘルペス
が大発生後、千葉県では移動が制限
されています。

四つ池産 ヤマトゴイ

 コイ


四つ池産
野ゴイとヤマトゴイの交雑種

ニゴイ(コイ科)


全長50cm


 ニゴイ

コイに似ているためこの名前がつき
ました。似鯉( にごい )といっても、
コイとは背びれの形や顔つき、ヒゲ
の本数 (1対2本)が違います。川を
好むとされていますが、コイと同じ
く水の汚れに強く手賀沼での確認も
珍しくありません。

モツゴ (コイ科)


全長8cm  D一般保護生物

 

口が小さくクチボソとも呼ばれてい
ます。
手賀沼の小魚のなかでは、最も数が
多いと思われ、雑魚(ざこ)の代表格
です。コイの仲間としてはめずらし
く、親が卵を守ります

 

釣り人には、エサ取りとして嫌わ
れますが、つくだ煮用として重宝
され放流をしていましたが、
東日本大震災後は放流が行われて
いません。

上 ♂ 黒い縦帯が明瞭でない個体
下 ♀ 抱卵した個体

 

繁殖期 追星が出た♂

 

顔がタモロコに比べると
とんがっている。

 

カラスガイ貝殻(二枚貝)に産み着け
られたモツゴの卵

ゲンゴロウブナ(コイ科)


全長30〜40p  国内移入種

ヘラブナとも呼ばれています。 フナ
類では体高が最も高く、最も大きく
成長します。
琵琶湖水系原産です。主に植物プラ
ンクトンを食べます。
手賀沼では、釣りの対象魚として
人気があり、東日本大震災後も放流
が行われています。

写真の魚は四つ池産
40p以上の特大サイズ

   
   

ギンブナ(コイ科)


全長25cm〜

 

マブナとも呼ばれます。
水の汚れに強く、コイと同様
に手賀沼では数多く生息して
います。釣りの対象魚として
人気があります。
ギンブナはほとんどがメスで、
他の魚の精子の刺激で卵が孵
(かえ)る珍しい魚です。

 

東日本大震災後、手賀沼では
放流が行われていません。

   
 

孵化後間もない稚魚

全長10o



タモロコ(コイ科)


全長10p  国内移入種

 

他の魚の放流に混ざって、手賀沼
に移入されたと考えられます。
モツゴに似たスマートな体形です
が、頭部が丸く、モツゴと違いヒ
ゲが(1対2本)あり、ヒゲにより
簡単に見分けられます。
雑魚(ざこ)として、佃煮や甘露
煮の材料とされていました。

 

タモロコの顔
モツゴと違い、顔が丸い。

 


ツチフキ(コイ科)


全長10cm  国内移入種

 


琵琶湖からの移入種。
アユの放流とともに東日本に
広がったと考えられます。
流れのあまりない水路、河川
や、湖に生息します。

 


よどんだ水域の泥底を好みま
す。本來の生息地である琵琶
湖では個体数が激減していま
すが、利根川水域では逆に増
えてきています。

ワタカ(コイ科)


全長30cm  国内移入種

 

日本が大陸と陸続きだったころ
の生き証人といわれています。
琵琶湖とその周辺にのみ生息し
ていましたが、アユの放流とと
もに東日本に広まったと考えら
れます。

 

本來の生息地である琵琶湖では
個体数が激減していますが、利
根川水域では逆に増えてきてい
ます。

ワタカの稚魚


ハクレン(コイ科)


全長50cm〜  国外移入種

 

コクレンと共にレンギョともよ
ばれています。中国原産の魚で
食用として日本に移植されまし
た。 水の汚れに強くアオコ(植
物プランクトン)も食べると言
われています。夏(繁殖時期)
の利根川で大きくジャンプする
映像がメディアで 紹介される
とがありますが、手賀沼でも
見ることができます。

   

オイカワ(コイ科)


全長10〜15cm 

 

ヤマベとも呼ばれています。
本種のオスの婚姻色は、きれ
いです。ウグイと同様に手賀
沼の水質が悪化してから数を
減らしましたが、水質が改善
傾向にある近年、増えてきて
いるようです。ウグイ同様、
主に川の浅瀬で産卵します。

我孫子市手賀沼課
「手賀沼に暮らす生き物 」
より


ウグイ(コイ科)


全長10〜20cm

 

ハヤとも呼ばれています。本種
のオスの婚姻色はきれいです。
手賀沼での生息数は、水質が改
善傾向にある近年、増えてきて
いるようです。
主に川の浅瀬で産卵するため、
河川改修や、堰などによる移動
の阻害は悪影響を与えます。

我孫子市手賀沼課
「手賀沼に暮らす生き物より


スゴモロコ(コイ科)


全長10cm  国内移入種

 

タモロコと同様に、他の魚の放
流に混ざって、手賀沼に移入さ
れたと考えられます。手賀沼で
は、タモロコほど生息数は多く
ないようです。

   

ビワヒガイ(コイ科)


全長20cm  国内移入種

   

タモロコと同様に、他の魚の放
流に混ざって、手賀沼に移入さ
れたと考えられます。タナゴ類
のように二枚貝の中に卵を産み
つけます。。明治天皇が好んで
食したことから「鰉」(こう、
ひがい)の字があてられまし
た。